シドニー発:写真手当たり次第・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Billabong(ビラボン)とは オーストラリア独特の呼び名で
≪河川から分かれて 行き止まりになる≫分流と 英和辞典に出ています。
乾季の間は水溜りのような感じですが 雨季ともなれば水域は広がり
川と繋がるとか。



Red Lily Billabong(レッド・リリー・ビラボン)
名前の通り 綺麗な赤い(と言うか 濃いピンク色の)睡蓮が一面に咲いています
しかし 水辺りに近づくのは禁物・・・どこに鰐が潜んでいるかわかりません





Red Lily Billabong(レッド・リリー・ビラボン)





Alligator Billabong(アリゲーター・ビラボン)
ビラボンのある所 必ず鰐がいるそうで あまり写真に夢中になってるとヤバそうです





Bucket Billabong(バケット・ビラボン)
ビラボンによって かなり広さや深度が違ってます





Bucket Billabong(バケット・ビラボン)
なんか この辺 鰐が潜んでいそうですが・・・
 




Bucket Billabong(バケット・ビラボン)
水と光と影の具合が何とも言えません





Bucket Billabong(バケット・ビラボン)



*カカドゥ・ナショナル・パーク - ノーザン・テリトリー(オーストラリア)8月17日撮影

スポンサーサイト

テーマ:水のある風景 - ジャンル:写真


イースト・アリゲーター・リバーは カカドゥ・ナショナル・パークとアーンヘム・ランド(先住民保留地)の境界線にある。
名前の通り汽水域(塩水)ワニが沢山棲息している。。。 


ボート乗り場にある"警告"
『非常に危険なので 川ベリに近づくな 泳ぐな 近くで釣った魚を付近で料理するな 食べ残しなどを置いて行くな』
・・・と色々書いてあります。
『ワニが人を襲って殺した』・・・とも書いてある・・・( ̄_ ̄ i)タラー



トロンと静かな川の水は いかにもワニが住みやすそうです・・・



さて ボートに乗って出発



乗客はキョロキョロしてても 全然分からないのだが
アボリジニのガイドのお兄さんにかかると「あそこにも! ここにも!」と簡単に見つかってしまう 



両岸の景色は ため息が出るほど美しい



所々に睡蓮が



クルーズの中ほどで 岸に上がり
ガイドのお兄さんに アボリジナル文化を色々説明してもらった



30℃以上の暑さだが 木陰から覗く川面は涼しげだ



再びボートに乗って 今度は大物のワニに出くわした
長生きするのは 100歳くらいまで行くらしい



この 何とも言えない川の色がいいです



カカドゥ・ナショナル・パークとアーヘム・ランド(先住民保留地)の境界線にあるところから
"ボーダー・ストア"と呼ばれる 土産&軽食店の看板



"ボーダー・ストア"のメニュー
メニューの初めに "クロック&バッファロー・バーガー"ってのがあります (◎o◎)
"クロック"は 「クロコダイル(鰐)」の略称です


*カカドゥ・ナショナル・パーク  ノーザン・テリトリー(オーストラリア)8月16日撮影

テーマ:観光地の写真 - ジャンル:写真


広大なカカドゥ・ナショナル・パークでは "カカドゥ・リゾート"に滞在した。
ここを基点に4WDであちこちを見物。
今日の写真は このリゾート・ホテルの周りを写したもの。


ペトロ・ステーション(ガソリン・スタンド)に ガソリン配給の為立ち寄る Road Train(ロード・トレイン)



メイン道路は舗装されているが ちょっと脇道に入ると赤い土の道になる



Banyan Tree(バンヤン・ツリー)
リゾートの敷地内に 一周45分くらいの散策地域がある



朽ちて焼けたユーカリプタスの木



乾季には定期的 部分的に森林を焼き払う
所々黒焦げになった木々と落ち葉が続く



ほんの つかの間のマジック



木々が美しいシルエットに変わっていく



自然は本当に美しい・・・


* カカドゥ・ナショナル・パーク/ノーザン・テリトリー(オーストラリア)8月14日撮影

テーマ:観光地の写真 - ジャンル:写真


ダーウィンに滞在中 「ダーウィン・フェスティバル」と言うのに行き当たった。
18日間続くもので 8月13日(土)に 海辺に沿ったバイセンテニアル・パークで開かれたSAntos Concert
(サントス・コンサート)を見に行く。  

アボリジナル・バンド Yilila(イリラ)による演奏



同じく Yililaによる演奏  かなり乗ってます



リズムに乗って身体を動かす観客 



音楽を聞きながら行きかう人々



屋台も出て いい匂いが漂う



やっぱりここでも アジアン・フードに人気が集まる

* ノーザン・テリトリー(オーストラリア) 8月13日撮影

テーマ:夜景 - ジャンル:写真


ダーウィンの海の色は暖かい
こんなに大きな海なのに ビーチで泳ぐ事はできない
クラゲやワニが居るんだね
残念なような だからこそ良いような・・・


海の中に木が生えてるのを見たのは 初めてです



ダーウィンをドライブ中に見かけた時は 木々がドップリ海水に浸かっていたのに 写真を撮りに戻ってみると 汐がすっかり引けてしまっていた・・・



上の写真と同じ所の近写です



飛行機から地球を見ると こんな感じだな・・・



汐が随分引けていたので 砂浜からゴツゴツした岩肌を長い時間をかけて 水際まで歩いた



あちこちに残った水溜りには それぞれの宇宙がある



石畳を敷いたような海岸



波が殆どない海辺は 見渡す限り宝石を散りばめたようにきらめく



貝が通った跡でしょうかね? ビーズほどの丸い団子が砂浜に続きます

* ノーザン・テリトリー(オーストラリア)8月12日撮影

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真


ダーウィンはオーストラリア最北端の都市だ。



街はパームツリー(シュロ)が至る所にあって いかにも南国を思わせる
(オーストラリアでは最北端の街だけど 北半球から見れば“南国”なんだよね)



日差しが強いので 家の庇が深い
この日は33℃だったけど 空気が乾いているので 日陰に入ると嘘のように心地良かった



海辺にそった細長いバイ・センテニアル・パーク内の遊歩道
“公園内では 犬を繋いで歩きましょう”



シティ内のショッピング・センターにある 自転車置き場



タトゥ・スタジオ(刺青工房)

* ノーザン・テリトリー準州(オーストラリア) 8月13日撮影

テーマ:街の写真 - ジャンル:写真


センテニアル・パークに隣接して、ムーア・パークと言うのがある。
この二つの公園を併せて「パーク・ランド」と呼んでいるらしい。
ムーア・パークの敷地内には、テニス・コート、ゴルフ場、一般人向けのクリケット、サッカー、ラグビー・グラウンドの他に、プロ観戦用のクリケット、ラグビー・スタジアム、乗馬クラブ、フォックス・スタジオ、エンターテインメント・クォーター(映画館・ショップ・レストラン)などがあって、かなりの広さだ。


池に遊ぶダック



春はもうすぐ?



カエルでも飛び付きそうだけど・・・



陽の軟らかさは、やっぱり冬かな・・・



ムーア・パーク野外駐車場

* シドニー 8月6日 午後3時半~4時 <冬> 

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真


色々なモノに反映する街の姿が面白い・・・


湾曲ミラーに映る フォックス・スタジオ駐車場入り口 #1 (ムーア・パーク)



湾曲ミラーに映る フォックス・スタジオ駐車場入り口 #2(上とは反対角度)  ムーア・パーク



タイル壁に映る 旧商工会議所 (ムーア・パーク)



公衆電話ボックスに映る パディングトン・マーケット #1 (パディングトン)



公衆電話ボックスに映る パディングトン・マーケット #2 (パディングトン)

* シドニー 8月6日・7日 撮影

テーマ:街の写真 - ジャンル:写真


街中の一部を切り取ると 一片のアートが現れる・・・


木製パネル+金具+スプレーペイント



レンガ外壁+ペイント(グラフィティの一部)



トタン外壁+ペイント+金具



瓦礫収集用コンテナの側面



歩道+鳥の糞

* パディングトン (シドニー)



木製電信柱+ペイント+釘



タイル壁面+接着剤+スティッカー
 


木製パネル壁+スプレーペイント



タイル壁面+剥離ペイント+木製柱
 


外壁+ポスター

* パディングトン (シドニー)


ちょっと寒い土曜日の昼下がり (シドニーの8月は冬です)
それでも 日向はウラウラと散歩日和
賑やかなメイン通り オックスフォード・ストリートを外れて裏道を行く


コテッジ(一階建て+時々屋根裏部屋付き)


テラス・ハウス(二階建て+大抵屋根裏部屋付き)


小さな裏道

* パディングトン 8月6日 (シドニー)



ちょっとブレちゃったけど 色のとり合わせが好きなもんで・・・


こんな色も好きだな


・・・( ̄  ̄;) うーん   どうも こういう色に引き寄せられるらしい

* パディングトン 裏通り 8月6日 (シドニー)


シドニーの冬は 6月~8月。
最低気温は6℃ 最高気温は23℃と穏やかだ。
常緑樹の多いシドニーは 視覚的にも季節感が薄い。
そんな中で いかにも"冬"な木々や 草を探して見た。








* センテニアル・パーク 8月3日 (シドニー)


ユーカリプタス・マクロカーパは、不規則に広がった枝に銀灰色の葉を付けた潅木。
晩冬(8月)から夏(12月)にかけて花をさかせる。
原産地:オーストラリア西部

* 新芽と若い蕾


* 蕾


* いよいよ開花です


* 全体の様子

★センテニアル・パーク (シドニー) 8月3日撮影




冬<8月>の日差しは低い。 午後2時半。

*センテニアル・パーク (シドニー)




シドニー名物 黒鳥の雛。 いつも両親と一緒です。

*冬<8月>のセンテニアル・パーク (シドニー)





冬<8月>のセンテニアル・パーク (シドニー)




冬<8月>のセンテニアル・パーク (シドニー)




* ショッピング・モール 噴水 6月 (東京 お台場)




* ショッピング・モール 噴水 6月 (東京 お台場)




2005年6月28日 午前6時23分 機上より撮影



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 鬼姫屋敷写真館 in Sydney, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。